新着情報や、最近の美瑛の写真を載せてます


2012/02/13
パリ4日目
朝まだ薄暗いセーヌの畔を サンミッシェルに向かって歩く。メトロの入り口でチョット迷う!そう 今日は週末アンティーク市場に行かなくちゃね!クリニャンクールが先かヴァンブーの市場が先?掘り出し物が早くなくなるのは??ヴァンブーの市場はもう人だかり。わくわく心が踊り舞い上がりそう!ガラスの壷 薔薇の絵画かれている空き缶 スズランの灰皿を銀の小皿をゲット、後ろ髪ひかれつつバスに乗って1時間クリニャンクールへ!何年か前のこと、ちいさなお店のおばあさん 誕生日の贈り物の花束から白薔薇を一本抜きとって『マダムにもどうぞ』といただいた事があった。そのお店はもうなかった。あの大輪の白薔薇はパリの1日を素敵に幸せにしてくれた。そこで買った銀色のコーヒーホット カフェドラペの棚に大切に飾ってあるわ!薄暗いお店の魔法使いのようなマダムからアンティークのレースを何枚も買う マダムラペの寝室にまた物語が生まれそうね!
  パリの画家さんと待ち合わせサンジェルマンのバーでビールでサンテ!『この辺は僕の庭みたいな街だよ』話はつきない京都の個展に着物をきて行く約束をして別れ、2人が待ってるホテルへ!今日の出来事たっぶりお話しなくちゃ さあー明日からアルザスよ!


2012/02/06
パリ3日目
『ボンジュール マダム 起きましたか? パンを買ってきましたよ』お友達夫婦が ドアをノックする 。じゃあカフェオレを入れてプチディジョネにしましょう!(キッチン付きのホテルは とっても楽しい)朝の散歩道でおいしいパンやさんを見つけたのクロワッサンとレーズンパン最高でしょう!今日の予定は?一緒に16区イエナの朝市でスパイスと果物を買ってトロカデロまで歩いてエッフェル塔で記念撮影。『それから私たちは美術館巡り』マダムラペはパッシーでお買い物。『それじゃ今夜のディナーのシャンパンとワインは私達が買ってきまーす』トロカデロは長女が留学で3年暮らした懐かしい街。年に2回は日本のお土産をトランクにいっぱい詰めてエッフェル塔の見える屋根裏部屋を訪ねたものだ。友人の知り合いの彫刻家がアトリエに使っていた明るく気持ちのいいパリらしい部屋だった。   今日のパリは雨!風も冷たく寒いパッシイーのロータリにあるカフェで一人でオニオンスープと海老のサラダを注文する。生のパイナップルがどっさり??今夜のデェナーのお惣菜またまた買いすぎたーかな?
(通りすがりに入った教会コンサートの準備中)( ホテルの並びにある気になる高級レストラン )(ノエルのディスプレイ)


2012/01/28
パリのマドモアゼル
『ナンダカ シズカダネ ナンダカ シズカダネ』8歳の次女が何やらぶつぶつ呟いている。凛とした長女が 『そうゆう時はサミシイって言うんだよ!』『ソウカ サミシインダ サミシイ』 1ヶ月パリのアパートに滞在していた大学生の叔母をオルリー空港に見送りした帰りのリムジンバスの中 雨が降りつける窓ガラスを指でキュウキュウと音をだてながらなぞっていた。その日の 数日前の食事の時『このごろ お話ししないね』と言うと 『日本語がわからない』とポロポロと涙をこぼした。 
 月日が流れ この子達も母親になりマダムラペは5人の孫へのお土産をさがすのもパリの旅の最高の楽しみ!そしてパリの片隅で3人で暮らした孤独で自由で、はかなかった追憶の日々を追いかける旅でもある!水曜日はエコールフランセはお休み 毎週 エスパースジャポンに行き日本の香りを感じ、帰りにチュルリイー公園の回転木馬に乗った。手を振る2人のマントー姿は遠い日のパリの思い出。
(プランタンデパート ノエルのディスプレイと地面に描いてるピエロ)


2012/01/23
パリ 3人旅
 JL41便 ナイト フライトで朝6時20分 まだ薄暗いシャルルドゴール空港の滑走路に到着。身を守るための緊張感とパリに戻れたことへの心からの開放感 このわくわく ドキドキ最高!税関の前には世界各国からの飛行機で降り立たった人達でざわめきいろんな国の言葉が飛び交い熱気と興奮を感じる。さあー 朝日に輝くパリの街にセーヌ河 畔のホテルへ!何年も一人旅が続いたけど 今年はマダムラペの 大好きな大切なご夫婦との夢のような3人旅が実現!ホテルのチェクイン 『このホテルは3回目よ!』フランス語で話したら『お帰りなさいマダム』と日本語でムッシュが優しく笑った。あらあら ちょっと 嬉しく楽しい気分ね! サンジェルマンのカフェでジャンボンとクロワッサンでプチデジョネ マルシェで今夜のディナーのお買い物!シャンパン ワイン フロマージュ サーモン 生ハムあれもこれもカゴに入れてもう持ちきれないよー!お花をいっぱい買って素敵なパリの1日目の夜にサンテ!

(キャラリーラファイエットのツリー 16区イエナの朝市)


2012/01/09
2012年 ボナネ
新年 おめでとうございます。 カフェドラペは10周年を迎えました。2001年12月 どこのお店も冬期休業に入り静かに時間が流れ始める季節に開店しました。開店4日目にるるぶの取材を受け、3月と4月にテレビ放映にて紹介されて5月の連休から本当にたくさんのお客様が訪れてくださり7月からは嵐のような日々が続き年々訪れるお客様が増えてくださり心から感謝の気持ちでいっぱいです。15年前 東京から北の大地に移り住み3300坪の原野を開拓している時 (こんな山の中で店なんか始めたって客なんてきゃあしないよ狐の客だけさ〜)とからかわれたものです。思えば山の木を切り倒し皮をむき始めたのは雪の深い新年の今頃でした。思い続ければ 夢は必ずかなう  この言葉マダムラペの信念 2012年が素敵な年でありますように祈ります。


2011/11/26
冬のはじまり
戸惑うように ためらうように ゆっくり訪れた今年の冬 ラペの森に優しく静かな時間が流れます。初めての雪に驚いたリスの子供たち 耳も鼻も雪だらけにして可愛いったらないわ はしゃぎながら遊んでいる姿を溺愛猫のカッチが窓から眺める姿もいじらしわ。ストーブの薪がパチパチはじいて燃える音 小鳥のさえずり長い長い冬の始まり マダムラペはビデオカメラに夢中 映画のシーンような作品を撮るのよ。 と買ったばかりのビデオもって雪だらけのりす子リスを撮り最高傑作と大喜び再生ボタン押したらスタートボタン押してなかったー
(ラペのお花畑で咲いた薔薇 )



2011/11/10
リスの赤ちゃん
ログハウスの軒下に せっせ せっせと柔らかそうな木の葉や小枝を忙しそうに運び込みベビーのためのベットを準備をしていたのは6月の新緑のころ ちょっと過保護かな?と思ったけど綿の花のドライを木の幹に置いたらなくなっていたのよ きっとふかふかのベットになったのね。そして7月 ラペのお店のハイシーズンお客さまが何組もデッキで待っている時リスのママが4匹の赤ちゃんを森にデビューさせてしまったの さあー大変 喜び驚き 可愛らしさにカメラシャッターのシャワーを浴びたわ リスの赤ちゃん大サービスお客さまの肩や背中にのぼり足下にまつわり、手の平に乗せて撫でている人もいたり(初めての世の中 動くものは親だと思うらしいのよ)リスのママは心配で心配で小リスをくわえて軒下のマイホームにつれて行くのに落としてしまって可哀想に鼻血をだしたの  『マアー大変 もうここにはいられないわ』 その日に高い唐松の木の巣に一匹づつくわえてお引っ越ししたのよ。(鼻血の痛々しい赤ちゃんリス つかんでいるのはジーンズのズボン )今はすつかり元気いっぱい冬支度に忙しそうよ。


2011/04/28
思い続ければ願いは叶う
ラペの森はもう朝5時ごろから明るくなり綺麗な小鳥の声で目覚めます。もっと早起きは溺愛猫のカッチ!起きて起きてとベットの周りであまえます。それがなんとも幸せな・・時間!エスプレッソにミルクを泡わ立てる頃、次々にリスの家族が集まります。5匹で今日も無事に1日の始まりね!カフェドラぺの・・ラぺとはフランス語で平和と言う意味なのよ!登記のアドレスは美瑛町美沢平和希望・・素敵でしょう。さあ!明日からGW・ラペもいよいよ本番!心をこめてお客様が幸せに素敵な時間を過ごせるようにおもてなしをいたします。苦しくて・・辛い・・時期ですが明るくしっかり生きて行きましょう!希望と勇気 決断力・・思い続ければ願いは必ず叶う!


2011/04/27
パリからの便り
親しい友人の画家からのパリ便り 今日、道で描いていた時一人の老人が近づいてきて ジャポネか?大変だったな・・大丈夫か?と言ってくれました。アパートの住人の方々からも必ず日本の家族は無事だったか?と声をかけてくれます。ノートルダム寺院でも日本のために特別のミサがもたれました。日本の凄まじい地震・津波・原発の事故その源子炉の処理に世界中の人達が心痛めて心から心配してくださり日本復興祈っています。異国にいる私達にも重い精神的打撃を与え続けています。このような時にパリで個展を開くことにどんな意味があるのだろうか?と思い悩んでいましたがこんな時だからこそ以前持っていた日常の感覚を取り戻せる機会と時間が心要なのだと思い個展をぜひやらせてもらおうと決心したと案内状が入っていました。マダムラペも いつものようにお花をテーブルいっぱい飾りケーキを焼き料理を作り薪ストーブに火を付けて暖かくしてシャンソンを流し日常の生活を続けながらお客さまをお待ちしています。そして被害者の方々に心からお見舞い申し上げます。 救助活動してくださっている方々、原子炉の処理をしている人達、日本の指導者の方々に心からの感謝と健全な精神力と健康と勇気与えてくださることを祈ります。


2011/04/14
祈り
 オーイ!早く出てきて見ろよ! ムッシュが叫ぶ! なんとまだ硬い残雪の中から チュウリップの芽が力強くあちらこちらから元気いっぱい握りこぶしのようにニョキニョキ出ているのよ!長い長い間 暗い土の中で忍耐強く春を待ち もう待ち切れなく雪を押しのけて出てきたのね!涙が出るほど嬉しかったわ!
もうすぐやさしい春の日差しを浴びて綺麗な花を咲かせるのね! あまりにも 悲しく あまりにも残酷過ぎることが突然に起こり  暗く重たく沈み・・胸が痛み苦しく 何も出来ない苛立ちにニュースを見ては泣いていた。心のかぎり応援します!心のかぎり祈ります。


※ こちらの画像は心を込めて撮った写真の数々です。無断でのお持ち帰り、使用はご遠慮くださいませ。

※画像をクリックすると大きくなります
 

前ページ

HOMEページ

次ページ

- Topics Board -